Blog&column
ブログ・コラム

英検に合格するための勉強対策法

query_builder 2021/06/01
コラム
alphabet-blur-books-close-up
英検は、レベルごと分けられた7つの級があります。
レベルは1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・5級で、5級から3級は中学生レベル、準2級と2級は高校生レベル、準1級と1級は大学生レベルと言われています。
英検に合格するには、もちろん受験勉強が必要で、各レベルに合わせた勉強対策をしなければ、合格には繋がりません。
今回は、英検に合格するためのレベル別勉強対策をまとめてみました。
▼英検合格に必要な勉強対策
各級ごとに必要な勉強対策は、以下の通りです。
【5級】
英検5級で出題される試験内容は、中学生初級レベルです。
主に中学1年生が習う基礎的な単語や文法が出題される英語の基礎力を求められる試験内容になっています。
5級では、英語の基礎をしっかり頭の中に入れる勉強対策をしましょう。
【4級】
英検4級で出題される試験内容は、中学生中級レベルです。
中学1年生から2年生レベルの単語や文法が主に出題されています。
4級では実践的な英語内容が加わります。
英語の基礎で苦手分野があれば、重点的に勉強対策することをおすすめします。
【3級】
英検3級で出題される試験内容は、中学生卒業レベルです。
3級からは、2次試験があり、スピーキングテストの面接が加わります。
中学生3年間で習った英語力を試す試験にもなりますので、基礎をしっかり復習する勉強対策が必要です。
【準2級】
英検準2級で出題される試験内容は、高校生中級レベルです。
準2級からは、難易度が上がり、基礎力と応用力が試される試験内容となっています。
長文読解力を身に付けておく勉強対策がおすすめです。
【2級】
英検2級で出題される試験内容は、高校生卒業レベルです。
高校英語の総まとめレベルで、実用的な英語力を試される試験内容になっています。
リーディングやリスニングの勉強対策が大事です。
【準1級】
英検準1級の試験内容は、大学生中級レベルです。
準1級は、難関大学の入試に値するレベルとなっています。
日常生活や学校、研究などのさまざまな分野で英語を活用できるほどの英語力が必要とされる試験内容となっています。
英作文を書く力をよりアップさせる勉強対策をしましょう。
【1級】
英検1級で出題される試験内容は、大学生上級レベルです。
1級では、社会生活に必要な専門的な英語力を十分に理解することが必要となってきます。
出題内容も、専門的なジャンルの内容がメインで高い英語力を身に付ける必要があります。
英語で相手に伝える・質問する力を身に付けると良いでしょう。
▼まとめ
各英検レベルによって勉強対策は異なります。
レベルに合わせた勉強対策で合格を目指しましょう。

NEW

  • 深谷国済寺教室開校

    query_builder 2021/06/03
  • 本庄本校リニューアル準備中!

    query_builder 2021/02/09
  • 2021年度入試に向けて!

    query_builder 2021/01/04
  • 2020年冬季講習スタート!

    query_builder 2020/12/19
  • 受験前は、もう勉強!

    query_builder 2020/12/18

CATEGORY

ARCHIVE